LCS & RENAULT Instagram Campaign~WITH BUDDY の開催

uolo

2019.5.27

今年の7月6日にベルギーの首都ブリュッセルで開幕する第106回「ツール・ド・フランス」。
2019年「ツール・ド・フランス」のファンウエアのイラストを手がけましたパリ在住のスポーツ・イラストレーターGreg Podevin (グレッグ・ポデヴァン)さんと、イラストに描かれているフランスの英雄・最強のサイクリストBernard Hinault(ベルナール・イノー)さんの来日を記念して特別なジャージを作成しました。
また、ベルナール・イノーさんがサイクリング選手として、ツール・ド・フランスなどの数々の世界的なレースの勝利を収め大活躍していた70年代・80年代。その頃に所属していたのが、今はなき伝説のフランスのプロ・サイクリング・チーム”Renault-Gitane(ルノー ジタン)”。イノーさんとゆかりの深いフランス生まれのルノー・ジャポン社と、”来日記念ジャージ”などをプレゼントにしたインスタグラムキャンペーンを開催します。

■キャンペーンタイトル
WITH BUDDY~愛車と過ごすあなたのライフスタイル

■キャンペーン期間
5月27日(月)~7月20日(土)23時59分まで

■キャンペーン応募条件
le coq sportif avant 公式インスタグラムと、 ルノー・ジャポン公式インスタグラムをフォローし、 あなたの愛車(自転車かルノー車)と過ごす写真を指定のハッシュタグ(#withlecoq #withkangoo)を付け、投稿してください。
応募者の中から抽選で50名様にベルナール・イノー来日記念ジャージを、1名様にルコックスポルティフオリジナルイラスト入り自転車をプレゼントいたします。
詳しくはキャンペーンページをご確認願います。

LCS & RENAULT Instagram Campaign WITH BUDDY. 特設ウェブサイト ≫


ベルナール・イノー来日記念ジャージ
右胸にはイノー氏の愛称である″ブルターニュの穴熊″のアナグマイラストを、背面にはイノー氏の名言「Tant que je respire j'attaque ~呼吸をしている限り、私はアタックし続ける」をプリントしています。


ルコックスポルティフオリジナルプリント入り自転車

※ベルナール・イノーさんのプロフィール
あらゆる時代を通じて、最強のサイクリストのひとりに数えられるのがベルナール・イノー。1954年11月14日、フランスのイフィニアクに生まれたイノーは、1970年代後半から1980年代中頃までのプロサイクリングにおいて圧倒的な強さを示した。エディ・メルクス、ジャック・アンクティル、ミゲル・インドゥラインと並ぶツール・ド・フランス最多5勝の記録を打ち立てた。3度のジロ・デ・イタリア、2度のブエルタ・ア・エスパーニャもまた、多数ある彼の優勝歴リストの中に見ることができる。1978年にはフランスチャンピオン、そして1980年には世界チャンピオンにも輝いた。その気性の強さから『ブルターニュのアナグマ』とあだ名されたイノーは、パリ〜ルーベ(1981)や2度のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュといったモニュメント・クラシックも制覇。雪の中9分以上の差をつけ80kmを独走した1980年のLBLは今も語り草となっている。1986年にチームメイトのグレッグ・レモンのツール・ド・フランス初優勝をアシストしたのち、現役を引退。1987年から2017年の期間は、A.S.O.の業務としてツール・ド・フランスの表彰式の責任者を務めた。今日、イノーはサイクリングを趣味として楽しみながら、ガン研究のための資金援助活動を行なっている。

※ルノー・ジャポンとは
ルノーは、1898年に創業し、昨年12月24日に120周年を迎えたフランスを代表する自動車メーカーです。「生活を楽しむ」という文化が根付いているフランスで造られる車は、機能的であることはもちろん、デザイン性が高く、フランスの風景に映える個性的なボディカラーが特徴です。ルノー・ジャポンは、「Passion for life」をスローガンに、お客様の好きなことや楽しみ、そして毎日の豊かな生活を、ルノー車を通じてサポートすることを目指しています。

ルノー・ジャポン オフィシャルウェブサイト ≫