【men’s】デザイナーが語る! 大好評「モバイルサーモ」のこだわり

uolo

2018.11.22

今秋発売したヒーター搭載アウター「モバイルサーモ」。
多くのメディアに取り上げていただいたこともあり、おかげさまで売れ行き好調です!
今回はそんな「モバイルサーモ」のこだわりや制作秘話について、弊社デザイナーの伊藤がお話します。

 

■「モバイルサーモ」を発売するに至った経緯

ヒーター搭載アウターは、今までバイカージャケットや作業用ジャケットなどに多く見られました。
この機能をルコックスポルティフ(ル・アーバンスタイル)でも活用できないかと模索し、制作したのが今回の「モバイルサーモ」です。

ル アーバン スタイルは自転車を背景に持つコレクション。
昨今、自転車はe-Bikeが主流になってきていて、電動アシスト機能がロードバイクにもマウンテンバイクにも付いています。
そして日常生活で使うツールの中心はスマートフォンです。
こうした背景から、ウェアもクラシックなものだけではなく、モバイルツールと連動した機能がほしい。
自転車にも乗れて、スマホも持っている、そんなライフスタイルとつながりのあるアウターを何か表現できないかな、と考えて制作しました。

今までスマホを充電していたモバイルバッテリーをアウターに使う。
こういったモバイルツールとの連動が今っぽいのではないかと思います。
スイッチを入れるという作業はギア感もあって、男心をくすぐるのではないでしょうか。
僕個人としては、この動作によって“よし出かけるぞ!”という気分になります(笑)。
アウターなのに箱に入れて販売しているので、家電やプラモデルを開けるようなワクワク感も楽しんでもらえたらと思います。

 

■ヒーター機能を搭載するうえでこだわった点

スキー用のヒーター搭載アウターは、グローブをしたまま操作できるようにスイッチが表側に付いているんです。
スイッチは点灯するので、さすがに街着では抵抗があります。
そこで、なるべく普段から着られるように、ル・アーバンスタイルではスイッチを裏面に配置しました。
機能ウェアを着るのではなく、普段着に機能が付いているイメージですね。

スイッチは裏面に付いているので目立たないのですが、ヒーターON時は点灯します。
設定温度によって赤・白・青に変わるトリコロールの配色で、フレンチブランドらしさを表現しています。
見えない部分にもこだわった遊び心として、温かい目で見てやってください(笑)。
また、モバイルバッテリーをポケットに入れておくことになるので、なるべく重さを感じず、かつ接続しやすい場所にポケットを配置しているのも特徴です。

 

■素材やデザインへのこだわりについて

素材には、撥水性のあるソロテックスを使用しています。
これは雨や雪の日に着られるだけでなく、モバイルバッテリーを保護する役割も担っています。
バッテリーを入れる胸付近の表側は、水が浸入しないようにポケットや縫製がありません。
また、ソロテックスには形態回復機能もあり、ハンドアイロンでシワがのばせるので出張や旅行にも対応できます。
やはり“モバイル”がキーワード。持ち運びに便利なものが今っぽいかな、と。


モバイルサーモコート
QLMMJK00 ¥49,000+tax


モバイルサーモジャケット
QLMMJK01 ¥55,000+tax

今回発売した「モバイルサーモ」は、オンオフ兼用できるコートタイプと、少しカジュアルなジャケットタイプがあるのですが、ジャケットにはダウンではなくあえて中綿を採用しています。
エコブームなどでダウンの使用が厳しくなっている背景もあり、それらを踏まえてダウン並みの暖かさを持つ中綿を使用しました。

どちらも形状はオリジナル。
ルコックは自転車をルーツに持つブランドなので、実はこれまでロングコートはあまり発売していませんでした。
しかし今は自転車側が、普段のウェアに対応するように工夫されているので、コートもファッション寄りのゆったりとしたシルエットにしています。
とはいえ、アームはハンドルを握ったライディング姿勢に合った形状にするなど、ルコックらしい設計を施しているのが特徴です。

あと、黒カラーをブラックではなく、チャコールブラックにすることで汎用性を高めました。
グレイッシュにすることで、いろいろな色と組み合わせられるようにしています。

 

■イメージしたのは自転車ブランド「VANMOOF

自転車との親和性やモバイルツールとの連動性、そしてル アーバン スタイルのコンセプトでもある都市型ライフスタイルを考えたとき、イメージソースとなったのが「VANMOOF(バンムーフ)」です。
これは「モバイルサーモ」に限らず、今季コレクション全体のイメージにもなっています。

VANMOOFはオランダの自転車ブランドで、盗難防止機能などを持つスマートバイクの先駆者。
世界一のシティバイクを作ることを目標に掲げ、進化し続けていく都市生活に合わせて独創的な自転車を展開しています。
電動アシスト付き自転車も手がけているので、今回の「モバイルサーモ」ともリンクするんです。

VANMOOFは、不必要なパーツを取り除いたミニマルなデザインが特徴。
その洗練されたスタイルは、ベストプロダクトデザイン賞やレッド・ドットデザイン賞など、世界的な名誉ある賞を数多く受賞しています。
今季のル アーバン スタイルのコレクションは、そんなVANMOOFの自転車に乗るウェアをイメージして制作しました。

現在、3台のVANMOOFがle coq sportif avant HARAJUKUに展示中です。ぜひモバイルサーモと一緒にお楽しみください。

 

■デザイナー的「モバイルサーモ」の楽しみ方

ヒーター搭載で温かく、撥水性があってシワになりにくい。
そしてシンプルなデザインで、コーディネートなどをあまり深く考えず、いつでも着られるのが「モバイルサーモ」の特徴です。
また、家電やツールに近い発想で制作したアウターでもあるので、バッテリーを接続してスイッチを入れる工程など、ウェアラブルアイテムをまとっている感覚も楽しんでもらえたらと思います。

 

<モバイルサーモ取扱い店>
le coq sportif avant HARAJUKU
le coq sportif avant MARUNOUCHI
le coq sportif avant NIHOMBASHI
le coq sportif avant MINATOMIRAI