LCS HISTORY

EMILE CAMUSET

1882年 創始者・エミール・カミュゼ

フランス国内最古のスポーツブランド『le coq sportif』を生み出したエミール・カミュゼは、フランスにおけるスポーツ用品の創始者でもあります。

THE OLDEST

1882年 フランス最古のスポーツ用品メーカーが誕生

この年、エミール・カミュゼがロミリーシェルセーヌでメリヤス衣料製造業を開始させました。当時の商品たラベルには「ロミリースポーティニットウェア」と表記され、1920年には初めてのスポーツ競技用ウェアの製造を開始します。

BE BORN

1948年 ルコックスポルティフが誕生

創業開始から66年後、この年にルコックスポルティフが誕生いたしました。写真はルコックスポルティフのタイポグラフィと、雄鶏をモチーフにしたイラストを組み合わせた初のラベル。

BREAKTHROUGH

1951年 はじめてのブレイクと、スポーツブランドとしての躍進

この年、世界最高峰の自転車レース『ツール・ド・フランス』で初めてルコックスポルティフのウェアが採用され、12チームにウェアを提供いたしました。そして1965年には、サッカー、ラグビー、バスケットボールなど多くのフランスチャンピオンチームがルコックスポルティフのウェアを着用し、スポーツブランドとしての躍進を遂げます。

LOGOS

ルコックスポルティフのロゴ

1950年、『le coq sportif』のブランドイメージを象徴する「三角形」のロゴがはじめて登場し、朝日の上に鶏が右向きに配置されました。1966年に『ツール・ド・フランス』でルコックスポルティフのロゴマークをウェアに付けることが認められ、勝者のイエロージャージの左胸にこのロゴが縫い付けられました。1968年には輸出商品のためにシンプルなデザインのロゴが開発されました。そして1975年に現在のロゴマークとなります。