RUNをFUNに変える。MY RUNになる。ゴールまで残りの体力をどう割り振るか考える。思いついたまま、自由にコースポジションを変えてみる。車窓から流れるような、美しい景色を楽しんでみる。カワイイ、ステキ、カッコイイ。そんなウェアを身につける。いろいろなことを考えて、試して、それらを整理して、アジャストしたものを自分自身で知ること。それがRUNをFUNに変え、身の丈にあった自分のラン、「MY RUN」になる。そして、その「MY RUN」が継続につながるんです。プロ・マラソンランナー 原田拓

プロ・マラソンランナー 原田拓さんが解説する、「MY RUN」のつくり方。

顔写真

原田 拓 はらだ・たく

プロマラソンランナー。1984年生まれ。プライベートランニングスクール FROG代表。大学時代に箱根駅伝出場。ニューイヤー駅伝ではエース区間の4区を走る。ハーフマラソン公式タイムが 64分19秒の記録を持ち、アメリカ「ボルダーボルダー」では日本代表として活躍。2012年、2014年のホノルルマラソンで日本人1位を獲得。またトレーナーとしては卓越したランニング理論と練習プログラムで、日本を代表するランナー・藤原新選手をロンドン五輪代表へ導く。ランナー、そして指導者として「走ることの楽しさ」を伝えている。

「MY RUN」を見つけに走りだそう。

あなたの「MY RUN」をサポートするテクノロジー。NEXTEP。

「次の動き」をスムーズにする、NEXTEP