HISTORY OF le coq sportif

1882

ブランドの創始者

ブランドの創始者、エミール・カミュゼ。
エミール・カミュゼはフランスのスポーツ用品の創始者であった。

1882

フランスで最も古いスポーツ用品メーカーが誕生

フランスで最も古いスポーツ用品メーカーが誕生。
エミール・カミュゼがロミリーシェルセーヌでメリヤス衣料製造業を始める。当時商品に使われていたラベル「ロミリースポーティニットウェア」と表記されていた。

1920

エミール・カミュゼは初めてスポーツ競技用ウェアを製造

エミール・カミュゼは初めてスポーツ競技用ウェアを製造。

1948

創業開始から66年、ルコックスポルティフ誕生

創業開始から66年、ついにルコックスポルティフが誕生。初めて、ルコックスポルティフと雄鶏を組み合わせたラベル。

1950

三角形のロゴが登場

三角形のロゴが登場する。
当時は朝日の上に鶏が右向きに配置されている。

1951

ツール・ド・フランスで初めてルコックスポルティフを採用

世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスで初めてルコックスポルティフのウェアが採用される。12チームにウェアを提供し、ルコックスポルティフのラベルはウェアのサイズ表記と共に襟の内側に縫い付けられた。

1965

チャンピオンはルコックスポルティフを着用

サッカー、ラグビー、バスケットボールなど多くのフランスチャンピオンチームがルコックスポルティフのウェアを着用。

1966

ツール・ド・フランスでルコックスポルティフのロゴマークをウェアに付けることが認められる

ツール・ド・フランスでルコックスポルティフのロゴマークをウェアに付けることが認められる。ツール・ド・フランスの勝者のイエロージャージの左胸にルコックスポルティフの三角形に鶏のロゴが縫い付けられ、ブランドは勝者と共に新聞、雑誌、テレビに露出されるようになった。

1968

シンプルになったルコックロゴが登録される

シンプルになったルコックロゴが登録される。また同年、輸出商品のために新しい抽象的なデザインのロゴが開発される。

1975

現在のロゴマークが登場

現在のロゴマークが登場。